顔のシミを薄くしたい!おすすめの化粧水はどれがいい?

 

シミを薄くしたい!シミ対策用の化粧水や美容液、クリームなどはどれがいいのか?

 

トライアルキットがある化粧品を中心にランキング形式にて解説いたしました♪

 

※複数トライアルで試してみて、お気に入りの化粧品を使い続けることをお勧めいたします。

 

 

シミ対策用の化粧品ランキング

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp/l

 

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

サエルインナードライ訴求バナー

 

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(trial)

 

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

美容Q&A

 

シミが気になるOL

 

 

化粧水の役割とは?なぜ使う必要があるの?

 

化粧水の役割となぜ使うのかその基本的な内容を知る事が大切です。化粧水の主な役割は水分を補給して、そのあとにケアにつかう化粧品が肌に浸透するのを助ける事です。美容液を使用する前にこの商品を使用する事でその成分が細胞に浸透しやすくなります。肌は水分と油から構成されており、乾燥するのはその水分が蒸発するからです。この化粧水をなぜ使うかはその足りない水分を補給する目的があります。加齢により肌の自ら持っている、有害な物質からのバリア機能が低下します。子供の頃には必要がなくても年齢とともになぜ使うのかは肌の乾燥が影響します。それを補うのがこの商品の大切な役割です。年齢や肌の乾燥している状態によって、異なる成分や質感の商品を選ぶのはそのためです。洗顔をすると肌の水分が減少します。その失われた水分を洗顔後なるべく早めにこの商品で補います。この商品を使用する事で皮膚に分泌される余計な油分をおさえたり、肌の状態を安定させる効果が期待できます。年齢と共に難しくなる肌の油分と水分のバランスを、この商品を使用する事で整える事が可能です。化粧水の水分を補うためや滑らかにする役割を知る事で、なぜ使うのか理解しやすくなります。

 

 

乳液の役割を解説

 

スキンケア化粧品には化粧水や乳液、美容液、クリーム、パックなどがありますが、全てのアイテムを使って入念にお手入れしているという方はそう多くはないでしょう。特に家事や子育てに忙しい女性は洗顔後に化粧水だけ使ってスキンケアを終わらせてしまうこともありますが、化粧水だけでは十分なうるおいを与えることはできません。化粧水で保湿成分を補ったら、必ず乳液を使用しましょう。
乳液の役割は化粧水で補った保湿成分が蒸発しないようにフタをするというもので、肌の乾燥を防ぐためにも乳液は欠かせません。化粧水には水分しか含まれていませんが、乳液は触って分かるように油分がたっぷり含まれています。肌を乾燥から守るためには油分を補給することが大切ですから、忙しくて時間がないときでも化粧水の後は必ず使用するようにしましょう。
肌の悩みは一人一人違いますから、乾燥による小じわが気になる方がいれば、シミやくすみなどの色素トラブルに悩む方もいるでしょう。乳液を購入するときは自分の肌質に合った商品を選ばなければなりません。乾燥しやすい方は高保湿タイプの商品を選び乳液に含まれる保湿成分を肌に浸透させましょう。またシミを改善したい方は美白タイプを使って美白ケアを実践しましょう。

 

 

顔にできるシミ&そばかすの原因とは?

 

老け顔に見えてしまう、メイクで隠し切れない、年齢を重ねるにつれてどんどん濃くなっていくなどのシミやそばかすの悩みを抱えているという人は多いのではないでしょうか。顔にできるシミやそばかすの原因は、メラノサイトから生成されるメラニンの色素沈着にあります。メラニンの色素沈着が起こる原因としては、紫外線、摩擦、加齢、肌の乾燥、ホルモンバランスの乱れ、ストレス、生活習慣の乱れなどがあります。これらの原因によって角質のバリア機能が低下し、肌のターンオーバーのサイクルが乱れて肌細胞の再生がスムーズにいかなくなってしまいます。それがメラニンの色素沈着に結びつきシミやそばかすが顔にできてしまうというメカニズムです。顔にできるシミやそばかすの悩みを解消させるためには、日傘や日焼け止めなどでUVケアを徹底して紫外線から肌を守る、メラニンの色素沈着を抑制するために抗酸化作用があるビタミンCやLシステインを摂取する、加齢により不足するコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドをサプリで補う、ホルモンバランスの乱れを整えるためにイソフラボンを摂取する、保湿ケアを徹底して角質のバリア機能を高める、健康的で規則正しい生活を意識する、疲労回復やストレス解消に努める、摩擦などの物理的な刺激を肌に与えないようにするなどを心がける必要があります。肌環境を健やかに保ちシミやそばかすができにくい透明感に満ちた美肌に導きましょう。

 

 

ハイドロキノンのメリット・デメリットとは?

 

美白有効成分として知られているハイドロキノンのメリットは、濃くなってしまったシミであっても薄くすることができる点です。ハイドロキノンには還元作用がありますので一度出来てしまったシミを薄くすることが可能となっています。おまけにメラニンの生成を抑制する効果も得られるため、紫外線などのダメージが蓄積してシミができるのを根本的に予防していくことができます。なのでハイドロキノンは数多く存在する美白有効成分の中でも特に効果的な成分なのですがデメリットもあります。まずハイドロキノンは非常に強力な成分ですのでお肌への刺激が強いです。敏感肌の方が使ってしまうとダメージを受けてしまう可能性がありますから、あまり使用しないほうがいいかもしれません。そして安定しにくい成分ということもあって比較的すぐに酸化してしまうところもデメリットです。ハイドロキノンが酸化するとベンゾキノンという成分が出来てしまうのですが、炎症を引き起こす可能性のある成分でもあるので注意が必要です。さらにハイドロキノンは紫外線を浴びることでシミを悪化させることもあります。ですから配合量が多い化粧品を使用したり、ハイドロキノン配合の化粧品を長期間にわたって使っているとシミがどんどん濃くなる可能性もあるので、配合量が少ない化粧品を短期間で使うというのがベストな使用方法になります。